目の下のたるみを治療する施術方法|揺るぎない自信のある美肌

ウーマン

思い通りの身体をつくる

看護師

施術の特徴

医療の技術や信頼度が上がったことで、美容整形はかつてに比べてずっと身近なものになりました。二重にしたい、ちょっと脂肪を減らしたいといった内容によっては日帰りでできる美容整形もあります。手軽に試してみたいという人には、メスを使わない美容整形がおすすめです。このタイプの美容整形は身体に負担がかからない代わりに、効果が永続ではないという特徴があります。だからこそ、お試しには良いとも言えます。一方、永続的にしっかり効果が得られる施術をしたい場合には、メスを入れる施術法になることがほとんどです。この場合、結果に満足がいかなくても直すのにまた美容整形が必要になるので、事前に担当医師としっかりイメージを話し合っておくことが重要になります。

事前準備の重要性

施術を行う前にもちろん医師から注意事項を聞かされますが、そのほかにもやっておくと良いことが多数あります。医師から注意される点とは別に、特に顔に関する施術を行う時にやっておきたいのが、事前に顔を隠しやすい恰好での生活習慣をつけておくことです。二重瞼にするのであれば眼鏡をかけたり、前髪を下すようにすることです。これは何故かというと、日帰り手術でも、術後しばらくは目元が腫れたり、メイクがしにくかったりするので日常生活でそれを誤魔化しやすいようにするためです。カミングアウトしないのであれば、出来れば数か月前くらいから、アイプチを使ったり、パットを使うなどして、施術後の体型や顔立ちに近づけておくと、美容整形をしたことがばれにくくなります。